​ ​ ​

パーマでの髪の毛の傷みについて。。

パーマで髪の毛が傷みやすい人の特徴

パーマで、髪の毛がダメージしてしまった方って、結構いらっしゃると思うのですが、、

まず 髪質によっても少し変わってきます!

パーマによる傷みを受けやすい髪質の特徴的としては、

・元々髪の毛にクセがある方は、パサつきやすいので、傷みが出やすいです。

特に、コスメ系のパーマをかけると、傷みが出やすくなります。(髪の毛のクセと混じるとパーマの持ちは良いです!)

ですので、パーマをかける際は、デジタルパーマ系のホットパーマを低温で、大きめにかける事をオススメ致します(^^)

・直毛の方は、パーマがかかりづらいため、しっかりかけた場合、パーマは出るが、、

傷みが出やすくなる可能性があります。

特に直毛で、髪の毛がしっかりしている方は、パーマをかける際は、どうしてもダメージとワンセットになりやすいので、注意が必要です。

2 パーマで何故傷んでしまうのか??

パーマは、もちろんアルカリ剤が、入っているので、いわゆるケミカルダメージで、傷んでしまいます。。

しかしながら、現在多種多様なパーマがあります!

多種多様なパーマの、種類によってはダメージを、軽減できるパーマもあります。

この話は後ほど。。

基本的に、何故傷んでしまうのか??

という事も重要なんですが、、パーマをかけるとパサついて見えやすくなってしまうのも、事実です。。

だって、髪の毛が綺麗な人を、想像すると直毛でさらさら〜 キューティクルが整っていて、艶々な髪の毛を想像しませんか??

ですので、パーマをかけるだけで、キューティクルを、開いたり形を変えたりするので、必然的に、パサパサして見えやすくなってしまいます。。

ここで足りないのは、水分や油分が大半です!!

ですので、もしかしたら、、ヘアケア剤を見直すと質感が良くなって、髪の毛が綺麗に見えるかも??しれませんよ!

まずは、シャンプーは、アミノ酸系の低刺激のシャンプーが良いです!

特にゼフィラムシャンプーは、最高!

洗い流すトリートメントは、保湿効果に優れたしっとり系の物が良いかと、(髪質によりますが。)

洗い流さないトリートメントは、オイルタイプが、良いです!ストレートの時にお使いの物より、少し重ためのオイルが良いと思います(^^)  その方が、パサつきが目立たなくなりますので!

まずは、ここから見直してみてはいかがでしょうか??

3 パーマの傷みは治せるのか??

パーマによるダメージは、先程も少し触れましたケミカル(薬剤)での傷みが付き物です。。 

でも触れましたが、パサついて見えやすいのもパーマの特徴です。。

パーマの傷みは、ダメージレベルによりますが、毛先のパサつきをおさせる事は、トリートメントでカバーできますが、オーバーダメージ(パーマがかかり過ぎてチリチリになってしまったとか、ブリーチ毛にパーマをかけて、チリチリパサパサになってしまった)

髪の毛は、正直トリートメントをしても、あまり変わりません。。

対応策としては、パーマのチリチリの傷みをとる為に、かなり優しいストレートパーマ(システアミンやラクトンチオール系の)でパーマの部分を、ストレートに伸ばしてから、トリートメントすると、かなり見違えるように良くなります!!

  • 元々髪の毛に癖がある方は、元の癖は少し残る可能も、あります。

ハイダメージの場合は、元の癖も伸びる可能性もあります(^^)

その際のオススメのメニューはこちら。

https://beauty.kanzashi.com/lusso-chiaro/

4 傷まないパーマはあるのか??

そもそもパーマで傷まない種類はあるのか??ですが、、、

正直 ノーダメージはありません!!

でも、のようなチリチリ パサパサまで、傷まないパーマは、あります!

 

Lusso グループでは、デジキュアというデジタルパーマの進化版があり、低温でかけるので、パーマによる傷みが少なく、乾かし方によって、パーマのリッジがしっかり出るパーマを取り扱っております!

https://beauty.kanzashi.com/lusso-chiaro/

 

是非ご相談下さいませ〜!

今回は、パーマによる髪の毛の傷みについて、お伝え致しました〜^_^

 

 

目白の髪質改善美容室 Lusso chiaro(ルッソチアロ)
・住所:〒171-0031 東京都豊島区目白3-17-24 目白I-Nビル1階
・TEL:03-6908-3191
・営業時間:11:00~19:00(平日)/10:00~19:00(土日・祝祭日)
・定休日:火曜日
・ご予約はこちらから:https://beauty.kanzashi.com/lusso-chiaro