​ ​ ​

白髪染め 美容室で染まってない?!

こんにちは!

目白の美容室 ルッソチアロ です。

わざわざ美容室で白髪染めをしたのに染まってない……?

白髪の部分がキラキラして見える……?

 

そんなお悩みございませんか?

 

白髪染めとおしゃれ染めの違い

そもそも美容室でのカラーには2種類あり、

暗い髪を明るくするおしゃれ染めと、白髪を染める白髪染めがあります。

おしゃれ染めは沢山のカラーバリエーションがあり、明るさも沢山あります。

白髪染めは名前の通り、白髪も染めることができるカラー剤です。

白髪染めには濃いめの染料が入っていて、しっかり白髪にも色を入れることができます。

そのためおしゃれ染めより白髪染めの方が暗くなるイメージが強くなります。

一方で、おしゃれ染めは黒髪を明るくしたり、色味を持たせたりすることはできますが、白髪をしっかり染めることはできません。

まず大前提におしゃれ染めでは白髪は染まらない!と覚えておいてください!

白髪が染まってないのはなぜ?

それでは、どうして白髪がちゃんと染まっていないのか、

そのパターンをいくつかご紹介させていただきます。

  1. カラー剤の選定ミス
  2. 放置時間が短い
  3. カラー塗布が甘い

 

1.カラーの選定ミス

先ほどもお話ししたように、おしゃれ染めでは白髪は染まりません。

また、白髪染めでも明るめのお色に設定をしていると、色を入れる力より明るくする力の方が強くなり、染まりが薄くなってしまいます。

白髪をしっかり染めたい場合は少し暗めな設定にした方が良いです。

 

カウンセリングの際に、白髪は染まらなくても明るめがいいのか、暗くても白髪をしっかり染めたいのか、白髪が染まるギリギリの明るさがいいのか、はっりきとお伝えすることがポイントです!

 

 

2.放置時間が短い

ヘアカラーでは1剤のアルカリ剤と酸化染料、2剤の過酸化水素水を反応させてメラニン色素を脱色、発色させているのですが、

脱色から発色までベースの色や染め上がりの色などにより変わりますが、15分〜25分ほどかかります。

十分な時間を置かないとやはり染まり具合も悪くなってしまいます。

なので、いちばん白髪の多い場所や生え際や分け目などのしっかり染まってほしい部分から塗布をはじめます。

しかし、時間の置きすぎもダメージの原因となりますのでお気をつけください!

時間を置いても染まらない場合は色の選定ミスになります!

 

3.カラー塗布が甘い

そもそもカラーでは薬剤の反応で色が染まるので、カラー剤が塗布されていないと染まりません。

特に白髪は油分が多く、カラー剤を弾きやすいので、染まりにくいです。

カラーの塗りが甘いとその分染まり具合も甘くなり、キラキラと白浮きして見えてしまいます。

生え際や分け目などのいちばん目立ちやすい部分は特にしっかりたっぷり薬剤をのせ、浮かないようにしっかりおさえて時間を置いていきます。

 

ルッソチアロの白髪染めリタッチのポイント

・オーガニックのカラー剤を使用しています

ルッソチアロでは、オーガニックのカラー剤を使用しています。

このカラー剤は、アルカリ成分がが少なく作られているので、髪の毛のダメージを抑えることができます。

髪の毛だけでなく、地肌への負担も少ないので、ご安心ください!

頭皮の保護剤もご用意がありますので、不安な方はご相談くださいませ^ ^

・髪の毛の状態で薬の強さを分けています

髪の毛のダメージ度合いやお客様の求める明るさや色によって薬の強さを分けて調合致します!

髪質によっては染まりやすい方、染まりにくい方がいらっしゃいますので、担当のスタイリストがベストな薬剤を調合させていただいております。

・アルカリ剤の除去を行います

カラーやパーマの施術の後にアルカリ成分を中和して、弱酸性に近づける処理を行っています。

そうすることで、しっかりキューティクルを閉じてカラーの色味やトリートメントなどの栄養成分をしっかり中に閉じ込めて綺麗な状態に仕上げています。

白髪染め後の対策

まず、白髪染めに限らず、カラーの色持ち、そしてパーマやトリートメントの持ち具合も全て髪の毛のダメージ度合いによって変わってきます。

カラーやパーマの施術後、持ちをよくしようと思うと、その後のホームケアがかなり大切になってきます。

髪の毛のキューティクルが、外側からの刺激から守ってくれる働きをしているのでキューティクルがしっかり閉じた状態をキープしてあげることが大事です。

  • アルカリ剤の除去
  • シャンプー剤の見直し
  • 髪の毛をちゃんと乾かす
  • 紫外線対策

 

○アルカリ剤の除去○

カラー剤に配合されているアルカリ成分ですが、このアルカリがキューティクルを開く働きをしているので、カラー後に髪の毛にアルカリが残ったままの状態にしていると、せっかく染めた色がすぐに抜け落ちてしまいます。

髪の毛はお肌と同じく弱酸性で保たれているので、施術後にアルカリを中和し、弱酸性まで戻してあげる必要があります。

 

○シャンプー剤の見直し○

カラー後の髪の毛はアルカリ剤の影響もありかなり弱った状態になっています。

アルカリの中和もしますが、シャンプー剤も低刺激の洗浄成分のものを使用していただきたいです。

カラー後におすすめなのがアミノ酸系シャンプーです。

ルッソチアロではオーガニックのシャンプーを使用しております。

Optimisticシリーズ
ゼフィラムシャンプー

シャンプーも髪の毛の状態や髪質によってベストなものが変わってきますので、ぜひお悩みと合わせてご相談くださいませ😊

 

○髪の毛をちゃんと乾かす○

髪の毛が濡れている状態は、膨張しキューティクルも開いた状態で、染料やトリートメントなど、全てが流れ出ている状態です。

ドライヤーを使用する前にまずタオルで水気をとってください。

ただ、濡れている状態は摩擦のダメージも受けやすうなっているので、ゴシゴシ擦るようなやり方はやめてください!

そして洗い流さないトリートメントをつけて根元からしっかり乾かしてください。

アウトバスのトリートメントはミルクタイプやオイルタイプなどいろいろありますが、何を使ったらいいか分からない方もぜひご相談くださいませ☻

 

○紫外線対策○

紫外線によるダメージも色落ちに限らずかなり大きくあります。

夏場は日焼けも気になるので、UVケアに力を入れている方も多いと思いますが、夏だけでなく1年中紫外線は降り注いでいます!

お肌のケアはしているけど、髪の毛はしていなかった……

という方もいらっしゃるのではないかと思いますが、頭頂部は常に日光にさらされているのでジリジリとダメージを受けています。

夏場のお肌の対策だけでなく1年中髪の毛のUV対策もお願い致します!

 

ルッソチアロの白髪染めメニュー

 

 

リタッチ ¥3,300 全体カラー ¥5,500

 

オーガニックカラー

リタッチ ¥4,400 全体カラー ¥6,600

 

ヘアマニキュア ¥5,500

 

ヘナハーブカラー

リタッチ ¥4,950 全体カラー ¥7,150

※ヘナハーブカラーは事前にパッチテストが必要となります

 

ルッソチアロのカラーのご予約はこちら

 

「白髪染めが染まっていない!」というお悩みをお持ちの方は是非ルッソチアロにお越しくださいませ☻

✿プラスメニュ

白髪染めでも華やかにしたいという方にはハイライトカラーがもおすすめです😊

白髪染めでしっかり染めつつ、ハイライトで明るい色を入れることで立体感が出て華やかな印象を作れます^ ^♪

ハイライトの入れ方でおとなしめもしっかり目も演出できます😳

 

*Lusso chiaroにご来店頂いたお客様からの声をご紹介致します。

○50代女性

リタッチとトリートメントで伺いました。きれいにカラーが入り、髪の感触がとても良くなりました。

○40代女性

リタッチですが、頭皮を痛めたくないのでオーガニックで通いやすいヘアサロンを探してました。近所にあったのでこちらでお願いしまが、仕上がりも良く今後も通いたいと思います。

○50代女性

今まで、マニキュアでカラーをお願いしてましたが、すぐに根元が気になってしまってました。こちらでオーガニックカラーをおすすめされてリタッチをお願いしてみましたが、頭皮も痛くならず、綺麗に染まり、大満足です。

 

お客様の頭皮、髪の状態、今までのカラー履歴などをしっかりカウンセリングし、ライフスタイルに合わせてぴったりなデザインをご提案させていただきますのでご相談くださいませ☺️

 

 

Lusso chiaro

〒171-0031
東京都豊島区目白3-17-24 目白I-Nビル1階
TEL 03-6908-3191

営業時間
平日 11:00〜20:00
土日祝 10:00〜19:00

定休日 火曜日

目白の髪質改善美容室 Lusso chiaro(ルッソチアロ)
・住所:〒171-0031 東京都豊島区目白3-17-24 目白I-Nビル1階
・TEL:03-6908-3191
・営業時間:11:00~19:00(平日)/10:00~19:00(土日・祝祭日)
・定休日:火曜日
・ご予約はこちらから:https://beauty.kanzashi.com/lusso-chiaro